ナンパ道 95番線

『真摯にナンパを』を前提にパートナーを探す旅が始まりました。(Fiction)

虫の知らせ

ふとしたきっかけで、

ふと思い出して、

ふと昔の友人に連絡をとってみると、

ふと、思いがけない知らせをもらうことがある。



それで知った。




昔、お世話になった人が結婚したこと。


昔、お世話になった人が別れたこと。




この手の話を聞くことが最近多いけれど。





一人の方は長年の交際を経て結婚。

一人の方は長年の交際を経て破局



どちらの方も同じくらいの交際期間だったが、決め手は何だったのだろうか。



話せる時が来たら聞いてみたい。





一人の方には特に、本当に、とてもお世話になった。



極めて優秀で、人の心を掴むのがうまかった。

本人は無意識なんだろうが、常にみんなに慕われていた。


あれほどの人が最終的に、こうなるとは、
世の中よく分からないものだ。



相手はどんな人だったのだろうか。


全く別の方向へ進んだ二人であるが、どちらも幸せになってもらいたい。





残念ながら、






一人の方には二度と会うことはないが。