ナンパ道 95番線

『真摯にナンパを』を前提にパートナーを探す旅が始まりました。(Fiction)

2017年度の〆(下期の〆)

上期のような反省は長くなるので、できるだけ短く残す。


現状はキープ数人。
(ゲットせずとも、会いたがってくれる女の子が多い。放っておいても連絡が来る。)
これについては自信を得た。



確かな成長を実感した。




そして、自分にとって大きな出来事。



先日、即を経験した。






会ったその日に行くところまで行くという、普通では起こり得ないことを実現させた。





それも、自分の持っている口説き力によって、普通ではそんな風にはならない層(言うならば素人の子)に対して達成した。



現在の心境としては、ゲット数はどうでもいい。


やりたい、もっと知り合いたい、心から繋がりたい、そう思った人を自分が口説き落とせたかどうかが重要である。(いかに早く、実現するかが重要である。)



そのための成長の過程として、色々なアプローチの仕方、経験の仕方があって、その中の一つにゲットやアポ、メッセージといったものの駆け引き、ひいては仕事への情熱といったものがいくつもある。



下期は良くも悪くも多くの経験を積んだ。



特に変わった意識としては、『時間』への価値感。




時間というものはかなり価値がある。




時間があればできること、



時間があってもできないこと、



時間があってもできないことをなるべく減らし、できることに変える。


どうでもいいことに対して時間をかけない。もっと自分にとって有効なことに費やす。




もっともっと前向きにやれば、もっともっと前向きな結果が得られる。




時間はとっても大事。




自分で人生を選択するとは、時間の使い方を選択することと同じ。




当たり前でも、意識を持つかどうかで随分と変わる気がしている。






来年度からはガラリと環境が変わるが、自分にできることを全力でこなす。



今日よりも明日、明日よりも明後日と、日々少しずつ少しずつ成長してみせる。





ナンパ道95番線
2017年度の〆



タロウ