ナンパ道 95番線

『真摯にナンパを』を前提にパートナーを探す旅が始まりました。(Fiction)

初即

初めての即。



今回は我ながら、終始完璧な流れだった。






ナンパを始めてから波がいくつもあったが、今年度の集大成と言える。




いいなと思った。


付き合ってみたいと思った。


本気で口説きたくて、本気を出した。


あくまで自然に。自然とそうなるために全力を出した。




それが実を結んだ。




何かの変化で劇的に力がついて、結果が出たわけではないと考えている。




日々、しっかりと積み重ねてきたから、今回がある。




朝を迎えて、幸せな気持ちになった。
とても居心地が良かった。



思い出しても、彼女といた一日が全て居心地が良かった。



自分の成長を実感した。
やればできる。



この一日を境に、さらなる高みを目指す。



そう思って、そこまで乗り気じゃないアポをキャンセルした。



時間の使い方を考えた。





自分にとって、より有意義な時間を選択した。





これは大事なこと。




この意識は忘れてはならない。




即1