ナンパ道 95番線

『真摯にナンパを』を前提にパートナーを探す旅が始まりました。(Fiction)

この雨でも、仕事で朽ち果てても、出撃した。

遅めの時間帯だとこの街は物件のレベル総じても低いように思われる。


時間帯は大切と学んだ。