ナンパ道 95番線

『真摯にナンパを』を前提にパートナーを探す旅が始まりました。(Fiction)

絶不調

本当に嫌になる





すぐ目の前を、何でもないどこにでもいるようなナンパ師にできて、




自分は軽くあしらわれて。






女だけでなく、他のナンパ師にも、ダブルで負けた気になる。






悔しさが2倍で苦しい。




何でこんな気持ちにならなきゃならない





毎日、自制して、意識を高く持って、




どうすれば理想に近づけるか考えて、




強みを活かせるように、最大の努力をし続けて、




目的のために沢山のことを犠牲にして、





上手くいかない。







ただただ、ツラい。

上手くいかない。







本当に自信を失う。







こんなはずじゃなかった。