ナンパ道 95番線

『真摯にナンパを』を前提にパートナーを探す旅が始まりました。(Fiction)

新宿ナンパ大戦争Ⅱの感想 20171111

タロウがリスペクトとする新宿ナンパ大戦争Ⅱのチバさんの記事『シアンスポの女』を読んでの感想。



個人的な着眼点。
・『口説き』ステージは師の内面が支配的
・自分が正しいと思う軸を磨くことが大切
・日々の積み重ねが全て
・勝敗そのものは時の運


この記事の人は最上級であったが、チバさん自身はいつも通りのアルゴリズムを進めている。つまり、『地力』があるということ。






地力は
一朝一夕で身に付くようなものではない。


この分野は誰が教えてくれる訳でも、答えも解説もない。自分にあったスタイルを自分で考え出し、それを信じて磨き続ける。


人の真似だけでは成長ができない。
→独創性をだす。
 →強みを見つける。
 →【回想】評価された経験を振り返る。
 →【比較】一般論を考える。


実践を通さない限り型を作れない。
→ひたすら反復して定着させる。
 →ひたすらな声掛け
→成功体験を積み重ねる。
 →ひたすらな声掛け


色々と対策を練ったが、地蔵率がまだ8割。言うだけ言っておいて恥ずかしいが、現状はこんなもの。

まだまだこんなところでは終われない。
終わりたくない。




内面を磨き、内面で勝負し、内面の良い子をゲットしたい。







追記)

チバさんは、8年の中で起承転結の歩みを成している。



起)コンパ
承)ナンパ
転)美女ナンパ
結)???



個人的には、結はもうすぐ目の前に来ている気がしてならない。


もし、引退なさる時が来たら、私のブログでも涙ながらに盛大にお祝いします(笑)







追記)

ナンパ師の世界は漫画の掲載誌に多少似てるところがある。


こ○亀のように、ほそぼそと長いもの。
ハンターのように、カリスマ性高いもの。
キン○ダムのように、途中から工夫を取り入れ徐々に人気が出てきたもの。

他には
最初だけ良くて後から伸び悩んだもの。
ネタが尽きて打ち切られたもの。
成長できず横並べになっているもの。


目指すべきは、『キン○ダム』。



チバさんはスラダンのような気がする。
少し違うのは最後は有終の美を飾ることであろう。超王道は憧れる。即、弾丸即は外伝のようなものか、、、






さて、いざ出陣


結果





追記)

銀座
声掛けガンシカ崩せず


凹む



しかし、




ここで考える。




パチンコをするのと同じく、うまく行った経験がもっともっとあれば、失敗などすぐに忘れられるのではないか。





まだまだ。



地蔵率八割