ナンパ道 95番線

『真摯にナンパを』を前提にパートナーを探す旅が始まりました。(Fiction)

2017上期総評

2017上期総評を行う。

目的は下期への反映
 『成果確認』『反省』による。


【はじめに】
現在、振り出しに戻った状態

これまで、自分なりに自分だけで可能な限り全力で突っ走ってきた。

キープなし。候補なし。

これまでの投資で何を得たのか。何を失ったのか。


【成果確認】

『獲得』
①1GET,8BT,19アポ,3連出,??LG
②会話の強気姿勢、察知力、落ち着き

『喪失』
①時間、お金
②やさしさ

【反省】

『大目標』
①スト高彼女
②スト高キープ

『中目標』
①地蔵完全克服
②スムーズに誘う
③説得(納得させる)力

『詳細な振返り』
1Getはグダグダになりながらも獲得した。
グダグダの要因は
導線を事前に確保できてなかったこと。
今後、導線確保は確実に行う。


イケそうなところで、プライドが邪魔してイケなかった。自分は拒否がかっこ悪い、その後が不安で弱腰になってた節がある。
実は、イカないことの方が、男として恥ずかしいと思われる。そんな気がする。





『別に女はいくらでもいる。』
卑屈じゃなくて、前向きにこのセリフを言えるようになりたい。




何も動かなかった時よりもを、遥かに女性関係の経験を積んでいる。

成果は良くも悪くも多大にあるが、確かな成長を感じる。


コンパ他、一般的な出会いのツールと、ナンパという特異なツールでは、実感として『ナンパ』の方が楽しい!

もちろん、楽なのはコンパ。
最初からお互いがその気が少なからずあるから。

何の気ないところに突然現れて、戦いを始めるナンパは、開拓者精神豊富な人にはもってこいのツール。

だから特に『ストリート』が最上級と思う。


いつだったかの記事にコンパが酷かったと書いた。あれは今、思い出してもそう思う。

あの時、お金と時間を無駄にしたと言った。今思うと、どうしてその後、何もせずにそのまま帰ったのかと反省している。

その足で、失った分を取り返そう、そこに行ったことで、その分何か良い出会いがある。

そう思って、なぜ、ナンパしに行かなかったのか。厳しく自分を指摘するとそうなる。


もっとビジネスのように、シビアに時間とお金を使うことで、成果を得るのではないか。


今や、プライベートの筆頭がこの活動となっている。


全力疾走は普遍で、メリハリをつけて、

仕事の自己研鑽、ナンパ、別の趣味、休養等、有意義な時間の使い方を心がける。


下期では、上期の二番煎じはいらない。
積み重ねを狙う。