ナンパ道 95番線

『真摯にナンパを』を前提にパートナーを探す旅が始まりました。

紳士ナンパの苦しみ とうとう前提崩壊

話し方がタメ口か敬語かどっちがいいか、という極端な問題ではない。



言葉ではなくスタンスの問題。マインドの問題。




丁寧に、本当に丁寧に話しかけても、ことストリートナンパにおいてはこちらが期待する反応とは真逆の、完全な拒絶がある。





好意の返報性が成り立たない。





ハエを振り払うかのごとく、ぞんざいな扱いを受ける。





普通じゃない。なぜか?





それは普通じゃないことをしているから。
ナンパだから。(一般的な「ナンパ」と認識されたから。そこを凄腕は運命の出会いとか、心を揺さぶる出会いにしてしまう。)





最近、初心者ながらもそんな経験を積んでいて学んだ。長くこの業界で生き残るには、成長していくには、出会ってすぐの女に自分の心を捧げてはいけない。





  自分の心のHPの減りが圧倒的に早い







これは予想だが、もっともっと経験値を重ねればHPのキャパが増えるのだろう。そして徐々にダメージを受け辛い心にカスタマイズされていくのだろう。




でも、タロウのいまの、ノミの心臓では潰れるのは時間の問題だ。





紳士ナンパにこだわって潰れるのは、最良のパートナーを手に入れるという目的に反する。





よって、趣旨変更。



ナンパ初期段階においては紳士ルールをやめる。中長期では自分らしさを出していきたい。そう思ってPDCAを回すことにした。




さらば、『優しい心』『いい人マインド』。


おれは本当はこれを大事にしたかった。

自分のありのままでストリートを駆け抜けたかった。結果を残したかった。残念である。いずれは素に戻したい。









ようこそ、
『折れない心』『いい男マインド』。


MADMAXな世界へGO!
本能に従って生きる世界たれ!