ナンパ道 95番線

『真摯にナンパを』を前提にパートナーを探す旅 記事は処理中

過去最高級2回目の地蔵

ハッとした時に、うわっ!てなって、

行こうか行くまいか、うーん、、、

てなって、よし行こうかな!って時に

タイムアップ、

見失う、

待ち合わせ合流など、

悔しい思いで帰還


あれはたぶん、最終的には思い切って声をかけていたけど、

ハッとした時に、脊髄で動けるようにならないと、チャンスを逃すと、学んだ

今後は徐々に、そういった行動にしていく

Break Through Ghost

殻に閉じこもり

長い間、封じ込められていた枷が外れ

一挙に爆発した

道で話しかけるという行為を

久しぶりにやってのけた


枷が外れたのは

ド級の美人を発見したからだ。


「っっの!、、、」


何を言ったか覚えてないが


うまい具合に、ヘッドホンも外してもらい、さぁ、これから!


という時に、言われた一言。



「何ですか?」





この一言で、複雑な心境に陥り、已む無く身を引いた。


狐に包まれた感覚というのはこう言うことを言うのか、と。。




↑読んだ人は「???」となってるはず。
身を引く意味がわからないと。




そう、なにもおかしくない。



きちんと会話になってるし、



話す気にもなってくれてる




この文字だけ見ても、全くおかしなところはない。




おかしなのは、文字ではない。








声である。







その時話しながらも、何度も、脳内回路で繰り返し処理しても至った結論は同じ。


頷いたり、返事をしたり、話すたびに状況を頭で処理できなくなっていく。




それはなぜか?










それは、この美人が「男」だったから。


少なくとも、自分としては、この美人はオトコ(ニューハーフ)である。と結論付けてしまっていた。





もしかしたら、たまたま声の調子が悪くて、変な感じになってしまったのかもしれない。

ちゃんと聞いてみてから判断するべきではないか?


と、突っこまれてしまうだろうが、


それをする以前に、もう、疑惑が限りなくグレーを超え、ほぼ黒に近い「男性特有の声」なのだ。



離れてから、やっぱり確認するべきだったのではと思いもしたが、その時はもう、頭の回路が熱暴走してそれどころじゃなかった。




ブレイクスルーをしたきっかけは、

ものすごい美人との出会いであったが、

美女ではなかった。


身を引くしか選択は無かった。




この経験は忘れない。

清々しい完敗

勝った時は記事にせず、負けた時だけ記事にする。


ストイックになれる。



某日、美女アポするも、何というか戦いのフィールドにすら立てていなかった有り様。



例えて言うなら。

敵キャンプに対して、この上ない準備(武装)して、わーっと歩兵の如く挑みに行ったが、もぬけの殻で、キョトンとしているところに、上からぐさりと、ナイフでやられて瞬殺。



井の中の蛙というか、自惚れの自己満の状態を確認した。




だが、やはり良いな。美女アポ。




実に清々しい。



針の穴ほども全く活路は見えなかったが、
惰性でやってみるアポよりも遥かに成長の機会になる。



この積み重ねを大切にしたい。